取り組み9.ほめほめリレー(毎週1回)

(1)その取り組みを選んだ理由

毎週1回のミーティングの前のアイスブレイクで取り入れたのですが、これはとてもよいので毎週やろうということになりました。

(2)取り組みの内容

毎週1回、週のミーティングの前にやっています。

名前を書いた紙を箱に入れて、くじ引きのようにひいて、紙に書いてある名前の人を褒めます。

(3)期待する成果

お互いが褒めあうことで他者のよいところをみる習慣を身につけること。

褒められることの嬉しさが、頑張ろうという気持ちになり元気の源になること。

褒めあうことで心の通じ合える、信頼できる仲間になること。

(4)経過観察(詳細を随時公開して行く)

ミーティング前のアイスブレイクは通常は2ヶ月ごとに変更するのですが、「ほめほめリレー」を2ヶ月で終了するのはもったいないとの意見の一致で、継続することになりました。

くじ引きでほめる人を決めるので、自分をひいたときに自分をほめるのですが、皆それが一番恥ずかしいようです。それだけ自分をほめていないのかも知れませんね。

人をほめるのにも、自分をほめるのにもいい機会のようです。

(5)結果(失敗した場合、期待する成果と異なった場合、思わぬ結果となった場合など包み隠さず公開する)

毎週恒例で和気あいあいとやっています。これはずっと続けると思います。

(6)従業員の感想(本音トーク)

1日に人の事を考える思考が多い中で、人の良いところを常にみて実際に思うだけでなく自然に人に伝えられるようになりました。
人は褒められて嫌な気持ちになる人はいない。良い人間関係は良い空気の流れの中で広がっていくと思います。(大谷裕美)

無料相談受付中

相談予約で時間外土日祝日面談対応。

お問合わせ:月~金9:30~18:00

03-6712-8889

メールはこちら

ページトップへ