給与計算

給与計算は、どんな会社にも当然ある業務ですが、正しい知識を持って間違えないようにしなければならない責任重大な業務です。
毎年保険料率の改定があったり、残業代の計算があったり、社員個人の理由によって手当の増減があったりと間違えやすい要素が常にあります。

給与計算のミスによって数年間、給与を払い過ぎていたり、未払いが生じていたりということもよくある話です。
また会社の認識している残業代の処理方法が古く、全て無効となって多額の未払い残業代が発生しているケースもあります。
民法改正の影響を受けて、2020年4月から残業代請求権の消滅時効の期間が2年から3年に延長されました。
未払い残業代請求は今後さらに高額化し、請求件数も増加することが予想されます。
給与計算に未払いが生じていないか、今一度しっかりと見直してください。

給与計算業務は担当者にとっては間違えることは許されず、正しく処理して当たり前なのでホメられもしないストレスの大きな業務です。
毎月、「今月も給与計算を間違わずに出来ましたね。ありがとう。」という経営者も社員もいないでしょう。
また給与計算担当者は給与計算の時期は休むことも出来ず、少しくらいの体調不良なら無理して業務にあたっていることでしょう。
このようなストレスや不満によって退職する人も少なくありません。
そして、給与計算担当者の退職や休職によって、給与計算が出来る人がいなくなることもあります。

上記のような理由から給与計算はアウトソーシング向きの業務と言えます。
給与計算の専門家にまかせることで、貴社の担当者はプレッシャーやストレスから解放されることが出来ます。
ソラーレの給与計算はメイン担当とサブ担当(ダブルチェック担当)の2名体制です。
ミス防止になるだけではなく、急な体調不良によっても給与計算処理を止めずに継続することが出来ます。
給与計算に不安や問題を抱えているのであれば、ぜひソラーレにご相談ください。

無料相談受付中

相談予約で時間外土日祝日面談対応。

お問合わせ:月水木金10:00~17:30・火13:00~17:30

03-6712-8889

メールはこちら

ページトップへ