働き方改革をチャンスに変える!

Q1.なぜ今「働き方改革」なのか?

A1.今後、日本の労働力人口が加速度的に減少していくからです。日本は深刻な少子化によって、2100年の総人口は2018年(1億2463万人)の3分の1程度(4286万人)になると推計されています。
労働力人口が減少すると、一部の労働者の長時間労働だけで生産性を確保することが難しくなります。企業は働き方について根本的な改革をする必要があるということです。
労働力人口が不足すると人材確保のために人件費が高騰するため、短時間で高付加価値を上げる体質に転換することが企業が生き残る条件になります。つまり長時間労働を減らして、時間当たりの生産性を向上させることが出来た企業は生き残り、それが出来なかった企業は淘汰されます。
それは「ダーウィンの進化論」のように、時代の変化に適応出来ず進化出来なかった生物(企業)は滅びる運命にあるということに似ているかも知れません。
企業存続のために「働き方改革」に取り組まなければならないのであれば、いち早く取り組み、同業他社に抜きん出て企業発展のチャンスにしたいものです。

Q2.「働き方改革」に取り組まないとどうなりますか?

A2.企業は衰退し、倒産の危機となります。
生産性の向上に取り組まなければ利益はいずれ減少します。長時間労働も是正されないのであれば、36協定違反による経営者の書類送検、残業代未払いリスク、過労死リスクなども高まるでしょう。離職率も増加します。
ブラック企業のイメージとなれば、優秀な人材を採用することがこれまで以上に難しくなります。

もはや「働き方改革」に取り組まないという選択肢はあり得ません。

Q3.では「働き方改革」に取り組むとどうなりますか?

A3.企業を存続するのであればどの企業も「働き方改革」に取り組みますので、どうせ取り組むならばライバルに差をつけるべく積極的に取り組めば下記のメリットが期待できます。
長時間労働の是正と時間当たりの生産性の向上を実現できれば、ダラダラ残業や生産性の低い残業の削減につながり、ムダな人件費を抑制できます。
残業が減ると多様な人材が働ける職場となり、離職率が低下します。
未払い残業代リスクが軽減し、過労死リスクも軽減します。
さらに一歩進んでホワイト企業イメージになれば、求人への応募者が増え、優秀な人材を採用できる可能性が高まります。
長時間労働が是正され、短時間で生産性を上げる企業体質に改善されているので、今までより高額の仕事や今まで忙しくて受けきれず断っていたような仕事を受注することも可能になります。
雇用形態にかかわらない公正な待遇を確保できれば、短時間労働者や有期雇用労働者のモチベーションアップも可能となり、さらに生産性アップが見込めます。
「働き方改革」を後押しする返済不要の助成金などの受給可能性も高まります。かしこく助成金を受給しながら職場環境を改善しましょう。

「働き方改革」に待ったなし!いち早く、積極的に取り組みましょう!

「働き方改革」への対応は100社100様です。ソラーレでは各社ごとの状況に合わせて、多様な角度からご提案しています。
「働き方改革」をチャンスに変えるために「時間当たりの生産性」を向上させて、お客様企業の業績アップのお手伝いをします。
「働き方改革」のご相談はコチラ

無料相談受付中

相談予約で時間外土日祝日面談対応。

お問合わせ:月~金9:30~18:00

03-6712-8889

メールはこちら

ページトップへ