採用適正診断

採用適正テストのご活用をお薦めします。

人間にはそれぞれ個性があり様々な考え方をしますが、組織の構成員が一人一人別々のことを考えて行動していたのでは、組織の目的を達成することは出来ません。

組織の目的を達成するためには、統率するリーダーが必要です。しかし、リーダーがいかに組織の目的を達成するために頑張っても、協力をしてくれない人もいます。そこでリーダーは、どんな人たちにも協力してもらえるようにさらに学び、努力して成長していかなければなりません。このようにしてリーダーは成長していくのですが、組織の中でも最初から協力的な人もいれば、途中から協力的になる人もいます。そして、なかなか協力してくれない人もいれば、最後まで協力しない人もいます。協力しない人たちは、なぜ協力しないのでしょうか?

最初に申し上げたとおり、人間にはそれぞれ個性があり様々な考え方をするのですが、ここでは大きく2つに分類してみましょう。チームプレーに適したタイプと個人プレーに適したタイプです。

会社や社内の組織で協力体制を築くのに適したタイプは前者ですが、協力体制がうまく出来ていない組織を診断すると、後者のタイプが多いことがあります。個人プレータイプが組織で活躍しないということではありません。ここでお伝えしたいのは、個人プレーで力を発揮したいタイプなので、彼らを統率し、チームプレーの中でその能力を活用するためには、とても優秀なリーダーが必要になるということです。

現在のリーダーの能力では手に余る個人プレータイプは、現時点では採用すべきではなかったのかもしれません。もちろん、リーダーの成長という視点から見れば、メンバーに苦労するほど成長のチャンスはあるのですが、リーダーの成長を狙ってそのような組織を構成するのはリスクが高すぎます。統率が出来ず業績が下がってしまえば組織の維持すら危うくなります。

個人プレータイプにもいろいろあります。

協調性がなくて協力的ではありませんが、個人でのびのびとプレーして結果を出すタイプもあります。また、コミュニケーションを避けて、黙々と与えられた仕事をこなしていくタイプもあります。このタイプの人たちは、彼らの個性を理解した上であればチームメンバーとして重要なポジションを与えることが出来ます。

中には、なぜか「協力」という行為に違和感を持っていて、組織内の協力体制を壊すことに使命感を持つタイプもあります。また、リーダーに対して対抗心や反発心を持ち、協力しないだけでは止まらず、リーダーが結果を出せないように行動するタイプもあります。

このようなタイプを採用すると組織はいずれ衰退してしまいます。

採用時にこのようなタイプとあらかじめ判ればいいのですが、採用面接だけで見抜くのは困難です。

たとえリーダーが未熟であったとしても組織を健全に発展成長させるためには、協力的で仲間のために頑張ることが出来る人を採用しなければなりません。

そのような人材を見抜いて採用するために、採用適正テストを活用したり、面接時の質問を工夫するなどしてください。

弊所でお薦めしている採用適性テストは以下の2種です。

CUBIC

人にはいろいろな個性があり、能力、性格にも特徴があります。そして各人がその特性に応じて、自分に適した分野の仕事を受け持つことが、本人にとっても組織にとっても望ましいことです。

しかし、人の性格や能力を知ることは難しく、ましてや採用場面のわずかな時間の面接では十分に理解することはできないとされています。

その点、CUBIC(個人特性分析)は、20分程度の検査時間で、個人の資質を多面的に把握し、採用判定等の際に客観的資料としてお役に立ちます。

CUBICの詳細はこちら

TA PACK SYSTEM

採用予定者の人柄を把握し資質を見抜くことにより、自社にあった人材の確保が可能になります。また面接の際にサブツールとして活用することで、限られた時間のなかでの面接をより効果的かつ有効的に行えます。

このツールは、TA(交流分析) のエゴグラム理論に基づいて開発された性格分析システムで、1994年より官公庁、上場企業、医療機関、福祉施設などの採用、研修に活用され続けている、非常に信頼性の高い適正診断・教育研修・人材開発ツールです。

入社後の教育研修にも活用出来ます。チームワーク向上に最適です。

TA PACK SYSTEMの詳細はこちら

無料相談受付中

相談予約で時間外土日祝日面談対応。

お問合わせ:月~金9:30~18:00

03-6712-8889

メールはこちら

ページトップへ