代表インタビュー

  1. 先生が仕事をする上で常に心がけていることはありますか?
  2. 「誰もが生き生きと働ける職場」とはどのような職場でしょうか?
  3. そのような理想の職場にするためには、具体的に何をすればいいでしょうか?
  4. 理想の職場にするために、ソラーレさんに仕事としてお願いできるのは何ですか?
  5. ソラーレさんの商品やサービスの強みについて詳しくお聞かせください。
  6. ソラーレ社会保険労務士法人という会社自体の強みについてもお聞かせください。
  7. このホームページを見て問い合わせしようと考えている社長さんに一言お願いします。

Q1.先生が仕事をする上で常に心がけていることはありますか?

A1.その仕事が顧客企業様の健全な発展につながるのかということを絶えず考えています。

目先の利益の獲得やリスクヘッジのために、従業員さん達の会社への信頼を失ってしまうことがあります。従業員さん達の気持ちが離れれば社風は悪くなりますので、仕事の質が低下して、業績も悪化していきます。

ですので目先のことだけにとらわれずに、中・長期的な視野を持って、末永く顧客企業様がご発展する提案が出来るように心がけています。

弊社の経営理念にありますように、「お客様企業の健全な発展に尽力」することが使命と考えていますので、「健全な発展」につながらないことについては、ご忠告することも大事な仕事と考えています。なぜ「健全な発展」にこだわるのかというと「健全」でなければ長続きせず、いつか必ず衰退するからです。

末永く健全に発展する会社にするためには、職場環境の改善が要となります。

顧客企業様に「誰もが生き生きと働ける職場」になっていただけるよう、日々精進しております。

Q2.先生のお考えになる「誰もが生き生きと働ける職場」とはどのような職場でしょうか?

A2.具体的な定義はありませんが、私の理想としては次のようなことを思える職場ではないでしょうか。

  • 職場の仲間に会えるのが嬉しい
  • 職場の仲間と協調して良い仕事が出来るのが嬉しい
  • 良い仕事をしてお客様に喜んでいただきたいと思える
  • 職場でいろんなことを学び成長できることが嬉しい
  • 充実した仕事をし、それに見合った収入を得ている
  • 落ち込んでいても職場に来ると前向きになれる
  • 職場(会社)の発展が楽しみだ

こんな職場だったら、毎日出勤するのが楽しみですよね。顧客企業様にそうなっていただきたいのはもちろんのこと、弊社もそうなりたいので研究にも力が入ります。

ただし、こんな会社になると従業員さんが帰らなくなります。職場にいるのが嬉しくて楽しいのですから。

そこは労働時間管理と教育を徹底し、仕事を効率よく終わらせ、終わったらすぐに帰らせるようにすれば、家族や仲間とのプライベートな時間も充実するはずです。

職場での出来事や職場で学んだことなどを家族や仲間に話すのが楽しい。そんな職場を増やしたいのです。

Q3.そんな理想の職場にするためには、具体的に何をすればいいでしょうか?

A3.実際にはお客様の現状を確認しつつ、お客様とお打ち合わせをしながら何から実施していくかを決めます。やるべきことはたくさんありますので、自社の現状を踏まえつつ、やれそうなことから少しずつ取り入れていけばよいでしょう。

  • 就業規則
  • 人事制度(職能資格等級制度、昇給・昇進の仕組み、賃金テーブル)
  • 評価制度
  • フィードバックのやり方
  • 給与体系(手当ほか)
  • 業界平均との比較による給与のバランスの見直し
  • 賞与の配分方法
  • 目標管理制度
  • 人材の採用方法
  • 朝礼
  • 勉強会
  • 教育研修
  • 会議
  • 改善提案制度
  • 社内の苦情処理の仕組み
  • 表彰制度
  • 掃除
  • 経営計画発表会
  • 飲み会
  • イベント(運動会、BBQ、ボーリングほか)
  • サークル活動
  • 社員旅行または社員研修旅行
  • ポスター、張り紙
  • サンクスカード

思いつくままに並べていますので、これらをすべてやる必要はありませんが、従業員さんが生き生きと働いている会社ほど多くの取り組みをしています。

ひとつひとつ取り入れていく中で「誰もが生き生きと働ける職場」にしたいという思いを込めていけば実現は早まるはずです。

Q4.理想の職場にするためには、やるべきことがたくさんあるのですね。取り入れるのがなかなか大変と思われることも多いのですが、ソラーレさんに仕事としてお願いできるのは何ですか?

A4.弊社の得意分野は上記のうち就業規則、人事制度、評価制度および給与体系の作成・見直し、人材の採用方法についての提案です。

それ以外にも、弊社のビジョンに「企業の発展に役立つことであれば偏見なく研究し、ソラーレ自らやってみて検証し、実体験を通じてお客様に提案できる事務所になります。」と謳っていますので、朝礼からラジオ体操、掃除、勉強会、ランチ、飲み会、社員旅行、レクリエーション大会など、先ほど言いました取り組みのほぼ全てについて、全従業員で実際に取り組んでいますので、お客様に対して評論的ではなく、実体験に基づいた提案と指導をすることが出来ます。

Q5.なるほど。それではソラーレさんの商品やサービスの強みについてもう少し詳しくお聞かせください。

A5.弊社の提供する商品やサービスの強みについて説明します。

一つ目は、従業員の成長を促進する人事制度が提供できることです。
これまでの昇給・昇進や賞与額を決めるためだけの評価制度ではなく、従業員さん自らの成長欲求をサポートするための評価表の作成と運用支援をします。従業員さんは何をどこまで頑張れば昇給・昇進するのか、賞与が増えるのか明確になるため、努力の目標設定が容易になります。方向が違った努力が無くなる為、安心して努力できるようになるので、会社の期待通りに成長する従業員さんが増えます。

二つ目は、社風に合った人材を雇い入れるための提案ができることです。
2種類の採用適正テストを効果的に活用し、さらに採用面接に工夫を加えることで社風に合った人材を採用するお手伝いをします。

三つ目は、企業の発展に役立つ仕組みについての提案および指導が出来ることです。
朝礼からラジオ体操、掃除、勉強会、ランチ、飲み会、社員旅行、レクリエーション大会など、組織発展に役立つ仕組みについて全従業員で実際に取り組んでいますので、お客様に対して評論的ではなく、実体験に基づいた提案と指導をすることが出来るのは先ほどお話したとおりです。

四つ目は、社会保険労務士事務所用のクラウドシステムを導入していることです。
これにより労働・社会保険手続きや給与計算についてスピーディな処理を実現しています。
またこのクラウドシステムと連動したマイナンバー管理専用のクラウドシステムをご利用いただくことで、お客様のマイナンバーの管理・運用負荷を軽減し、セキュリティ管理体制も万全となります。

Q6.商品やサービスについても他事務所と差別化した素晴らしいものを提供していただけるのですね。それでは、ソラーレ社会保険労務士法人という会社自体の強みについてもお聞かせください。

A6.弊社の強みは人材育成であり、それによって成長する従業員さんだと思っています。

弊社の経営理念にありますように、全従業員の物心両面の幸福を追求していますので、従業員さんに幸福になってもらうために人材育成に力を入れています。

「物」と「心」の両方を幸せにするためには、どちらが先でもいいということではありません。まず「心」が先です。「物」から先に手に入れても「心」が歪んでいたら本当の意味での幸せは得られないと思うのです。

自分以外の他者に喜んでいただくためには何をすればいいのか、世のため人のためにお役に立つためにはどうすればいいのかということを従業員さんたちに考えてもらう時間を作っています。

そういうことを考えて実践出来れば、お客様やお取引先様、会社、家族、仲間からも大切にされます。周囲の人に大切にされるのは、とても幸せなことだと思います。これが「心」の幸せです。

そして、多くの人に大切にされる人は、それに応じた収入を安定的に得られます。お客様にも会社にも大切にされているのですから当然ですね。これが「物」の幸せです。

そういうことを月1回の勉強会で学んだり、ミーティングや飲み会でも絶えず話し合っています。

そのため、社内の人間関係も良好で、健全に発展する組織の基盤が出来てきたと思います。

Q7.最後にこのホームページを見てソラーレさんに問い合わせしようと考えている社長さんに一言お願いします。

A7.私自身、経営者として事務所の人間関係において、たくさんの悩みを抱えていた時期があります。

そんな経験の中から「企業の発展に役立つことであれば偏見なく研究し、ソラーレ自らやってみて検証し、実体験を通じてお客様に提案できる事務所になります。」というビジョンが生まれました。

ソラーレは、これからも様々な取り組みに挑戦します。その実体験を通じて、お客様のお役に立つことが出来ましたら、この上ない喜びとなります。

従業員さん達が生き生きと働ける職場にしたいと思っている経営者の方であれば、是非お役に立ちたいと思っていますので、遠慮なくご相談ください。

インタビュー:法律相談お探しネット(http://www.houritsu-navi.com/)

無料相談受付中

03-6712-8889(お問合わせ 月~金 9:30 ~ 18:00)

メールはこちら

相談予約で時間外土日祝日面談対応