取り組み8.「ありがとうバッジ」を贈る(その都度)

(1)その取り組みを選んだ理由

ありがとうや感謝の気持ちを伝えることを習慣化するため。

(2)取り組みの内容

ありがとうを言いたい人にクラウドシステムで「ありがとうバッジ」とメッセージを送信します。

毎月1回集計して、一番バッジを贈った人と、一番バッジをもらった人にプレゼントをあげて拍手でたたえます。

バッジは「おめでとう」「きらりとひかる」「ありがとう!」「しんらい」「おつかれさま」「せいじつ」の6種類から選びます。

「シナジーHR サンクス」クラウドシステムを利用しています。
詳細はこちら

(3)期待する成果

ありがとうや感謝の気持ちを伝えることを習慣化し、ありがとうがあふれる会社にすること。

(4)経過観察(詳細を随時公開して行く)

昔は紙の「ありがとうカード」を渡して、毎月1回、カードを回収して集計していましたが、「シナジーHR サンクス」クラウドシステムに変えてから集計が超簡単になりました。

(5)結果(失敗した場合、期待する成果と異なった場合、思わぬ結果となった場合など包み隠さず公開する)

テレワークが増えると紙のカードだとなかなか渡せない時もありますが、クラウドなのでいつでも送信出来るようになった点が便利です。

(6)従業員の感想(本音トーク)

バッジをもらった数が贈った数がすぐ集計できるので面白いです。忙しいとバッジを贈った数が減るので、ちゃんと贈ろうという気持ちになります。何より楽しいのがいいですね。(大谷雄二)

ページの先頭へ
MENU