取り組み13.改善提案箱&表彰(半年に1回)

(1)その取り組みを選んだ理由

職場&業務改善のアイデアを集めるため。

(2)取り組みの内容

改善提案箱(ネット上のフォルダ)を設けて、改善提案を集めます。

毎週1回のミーティングで改善提案箱の中を見て、改善提案があれば皆でその内容について議論します。実行者を決め、毎週のミーティングで進捗を管理します。

半年に1回、その間に実施された改善について皆で投票し、順位を決めます。順位ごとに賞金を設定しています。

(3)期待する成果

  • 全従業員の改善のアイデアを取り入れて、働きやすい職場にすること。
  • 従業員が率先して改善に取り組むこと。

(4)経過観察(詳細を随時公開して行く)

あまり活発に改善提案があるとは言えない状況です。

半年に1回の順位決定の前に改善提案が増えます。

(5)結果(失敗した場合、期待する成果と異なった場合、思わぬ結果となった場合など包み隠さず公開する)

まだ習慣化しているとは言えない状況です。半年に1回の順位決定の前になると少し改善提案が増えます。少数の改善提案の中にもいい案があるので、今後はもっと改善提案が無理なく出てくるように仕組みの見直しが必要と考えています。

(6)従業員の感想(本音トーク)

小さな改善から大きな改善まで様々あります。いい結果になったものもあれば、継続せずに消えゆくものもあります。「失敗は成功のもと」ともいいますので、それはそれでさらなる改善のヒントになるのだと思います。皆のアイデアを聞くのが楽しみです。(大谷雄二)

無料相談受付中

相談予約で時間外土日祝日面談対応。

お問合わせ:月~金9:30~18:00

03-6712-8889

メールはこちら

ページトップへ