ビンゴの数字はなぜ75まで?

職場いきいき社会保険労務士の大谷です。

今週の土曜日に「ソラーレ家族BBQ」を開催します。

スタッフ皆でスタッフのご家族をおもてなしするのが目的です。会社がスタッフをおもてなしするのではありません。とはいえスタッフ全員で楽しめる場にするつもりです。

普段、残業や休日出勤でご家族との時間を削ってしまっているので、そのお詫びも兼ねて豪華食材?と豪華景品?を準備しています。

ご家族の皆様に大いに楽しんでいただきたいと思っております。

 

そのためにビンゴマシーンを購入しました。これがなかなかのグッドデザイン。

見よ、このフォルムを!

%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%89%8d

(足がかわいらしく今にも歩き出しそうです)

%e3%81%b3%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%be%8c

(近未来的で高級感が漂う後ろ姿)

 

ビンゴの数字は1から75までと知っていましたか?なぜ75までなのでしょうか?

%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89

 

ビンゴのマスは、5×5=25マスです。なので最低25マスあればビンゴは成り立ちます。

しかし、数が少なすぎるとビンゴが出やすくなり、数が多すぎるとビンゴが出にくくなります。

25×3倍=75マスという数が、ちょうどよいようです。

平均すると3回に1回はビンゴカードの数字を折り込むことが出来ます。

そしてタテ、ヨコ、ナナメのどれか一列すべてを折り込むとビンゴ完成です。

飽きずにドキドキするようなバランスなのですね。

大谷雄二

無料相談受付中

03-6712-8889(お問合わせ 月~金 9:30 ~ 18:00)

メールはこちら

相談予約で時間外土日祝日面談対応