取り組み12.朝と帰り 握手で挨拶(毎日)

(1)その取り組みを選んだ理由

社風を元気に明るくする研修の講師に勧められたため。

(2)取り組みの内容

毎朝礼の最後に一人ずつ「○○さん、おはようございます。今日もよろしくお願いします。」と笑顔で両手で握手をします。

退社するときは、全員の席を回って「○○さん、お先に失礼します。」「○○さん、お疲れさまです。」と笑顔で、お互いの目を見みて、両手で握手をします。

(3)期待する成果

握手をすることで信頼し合える人間関係を作ること。毎日お互いの目をきちんと見ることで、ズルさの無い誠実な関係を築くこと。

(4)経過観察(詳細を随時公開して行く)

習慣化されて自然に握手が出来るようになりました。まだ笑顔がぎこちないので、今後の課題です。

(5)結果(失敗した場合、期待する成果と異なった場合、思わぬ結果となった場合など包み隠さず公開する)

実は最初にこれを始めようとした時は、一部従業員が猛反発したために始めることが出来ませんでした。しかし、猛反発した人たちが退職してから、残った従業員に再度提案したところ、皆が受け入れてくれました。

ですので、採用面接の際は慎重に説明します。入社してからイヤだと言われても困りますので。

ソラーレのビジョンにある「企業の発展に役立つことであれば偏見なく研究し、自らやってみて検証し、実体験を通じてお客様に提案できる事務所になります」の原点にある取り組みといえます。「やってみて良かった」のお手本です。

(6)従業員の感想(本音トーク)

導入前は正直「握手・・?」と思いましたが、今では当たり前になっています。「今日は手が冷たいですね」など、ちょっとしたコミュニケーションのきっかけにもなるし、職場の人間関係向上に一役かっているのは間違いないと思います。(野々山環)

握手で挨拶は最初は恥ずかしい感じがありました。ですが、毎日行っていると慣れてきて、信頼関係や一体感が生まれてきます。事務所内の雰囲気が良くなってくると思います。
また、握手の際の挨拶で相手の目を見て挨拶するようになりました。(佐々木良)

無料相談受付中

03-6712-8889(お問合わせ 月~金 9:30 ~ 18:00)

メールはこちら

相談予約で時間外土日祝日面談対応