介護支援取組助成金が終了(新たな助成金に移行)

今年4月に新設され、わずか3ヶ月足らずで支給要件が一部見直された「介護支援取組助成金」ですが、それから約4ヶ月で早くも終了となりました。

(H28年10月19日から新たに「介護離職防止支援助成金」に移行しました)

「介護支援取組助成金」は、281018日までに支給要件を満たした(※)事業主が申請できます。

(※)次のすべての取組を終了し、支給要件を満たしていることが必要です。

  ①従業員の仕事介護の両立に関する実態把握(社内アンケート)

  ②制度設計・見直し(就業規則等の整備、法律を上回る制度の導入)

  ③介護に直面する前の従業員への支援(社内研修の実施、リーフレットの配布)

  ④介護に直面した従業員への支援(相談窓口の設置及び周知)

  ⑤働き方改革(年次有給休暇の取得促進、所定外労働時間の削減について一定の水準以上の実績把握)

 

実は弊社もこの「介護支援取組支援金」の申請をするべく、スタッフの佐々木が中心となって取組を進めていたところで、まさにこの助成金が終了する1018日に③の社内研修をしたばかりでした。

その時にも、見直しが入る予定があるとの話は出ていたのですが、まさかこんなに早く、というかその日に終了するとは・・・。 なんとも皮肉なものです。

 

弊社はダメでしたが、上記の支給要件を満たした事業主様は要件を満たした日の翌日から2ヶ月以内に忘れずに支給申請を行って下さい。

 

新しい「介護離職防止支援助成金」はH28年度第二次補正予算により創設されたそうです。

なお、詳細は厚生労働省ホームページでお知らせする予定です、となっておりますので、内容確認はしばらく待つ必要がありそうです。

 

                                         野々山 環

 

無料相談受付中

相談予約で時間外土日祝日面談対応。

お問合わせ:月~金9:30~18:00

03-6712-8889

メールはこちら

ページトップへ